『天水』#13 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『天水』#3

ファンタジー

たそがれ時、神隠しにあうのはきっとこんな時なんだろうと思った矢先…!?

作品を読む >>

『天水』#16

ファンタジー

生と死の間にいる何かがいたが、それから脂が出てきた。その脂は一体何なのか!?

作品を読む >>

『天水』#5

ファンタジー

夢か現か幻か、河童と幼女は夢を見る。どうやら同じ夢を見たようだが、少しだけ内容が違うようで…?

作品を読む >>