『天水』#3 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『天水』#23

ファンタジー

河童の生き肝を持ってくればおっかさんと童女は一緒に暮らせる…それを耳にしてしまった河童さんは…。

作品を読む >>

『天水』#4

ファンタジー

木箱が子猫を連れて歩いている。なんだあれは?横になったと思ったら子猫が何かを舐め始めた!

作品を読む >>

『天水』#10

ファンタジー

オタマジャクシを飲み込んだ女の子が池にいくと、以前であった女性が何やらとんでもないことをいい出した…!

作品を読む >>