『霊障学園』#12 |

蕪木彩子

蕪木ばく(原作)と、ひうらなつき(作画)の漫画家ユニット。1986年ホラー少女漫画誌「ソリティア」にてデビュー。以後、ホラー誌を中心に活躍。とくにスプラッタ―・ホラーに定評がある。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

創作と真実の距離感②

ホラー

深夜の怪談大会でのできごと。周りから期待されて怖い話をその場で取り繕うことに…

作品を読む >>

『恐怖の大時計』#2

ホラー

輸血が必要な母とは一体…?客が行き着いた先は大時計の内部だったが…!?

作品を読む >>

『呪いの鈴の音』#8

ホラー

誰もいない教室の窓から見えたのは、提灯を持った加代だった…。加代から逃げようとするが…。

作品を読む >>