『親が終活でしくじりまして』#3 |

寝猫

OL、主婦、平凡に子育てをした後、ふと思い立ち、家族に「わたし、漫画家になる」と宣言。2002年、40歳にしてショートコミック誌『本当にあった愉快な話』(竹書房発行)で漫画家デビュー。
その後、来た仕事を描けると思ったら拒まず、ギャグマンガ、恋愛マンガ、任侠マンガ、コンビニ向け実話怪談からウェブ・携帯コミックまで幅広く描き分けられる実力派となり、現在にいたる。
日本マンガ芸術学院で作品制作の講師を務めている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『親が終活でしくじりまして』#4

エッセイ

エンディングノートがないとどうなってしまうのか、てんやわんやのお葬式はまだ終わらない。

作品を読む >>

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』#4

エッセイ

#4 SNSで人の意味深な投稿を見て、「これって私のことかも...」と不安になる時は?

作品を読む >>