『お骨を配る少女』#3 |

蕪木彩子

蕪木ばく(原作)と、ひうらなつき(作画)の漫画家ユニット。1986年ホラー少女漫画誌「ソリティア」にてデビュー。以後、ホラー誌を中心に活躍。とくにスプラッタ―・ホラーに定評がある。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『インガ様応報す』#18

ホラー

弱い立場の相手を捌け口にして罵倒を浴びせる少女。そんな外道に罰を与えるのは...!?

作品を読む >>

『呪いの鈴の音』#2

ホラー

寝ようと部屋に入ったら、知らない人が座ってた…。話を聞くと友達のお母さんらしいけど…なんでいるの…?

作品を読む >>

『ヤミツキ~いのりの心霊日記~』#21

ホラー

いのりは遂に「原因」の正体を知る。それは普段とは似ても似つかない異形の姿をした彼女だった...!?

作品を読む >>