『お骨を配る少女』#2 |

蕪木彩子

蕪木ばく(原作)と、ひうらなつき(作画)の漫画家ユニット。1986年ホラー少女漫画誌「ソリティア」にてデビュー。以後、ホラー誌を中心に活躍。とくにスプラッタ―・ホラーに定評がある。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『呪いの鈴の音』#12

ホラー

深夜、うなされて起きると、玄関からノックの音がする…。こんな時間に一体だれが…!?

作品を読む >>

『夢中で殺人』#4

ホラー

夜勉強中にラジオを聞いていると、お昼に友達の美保が語った夢と同じ内容の事件が流れた。一体これはどういうことなのか…?

作品を読む >>

『お仕置きゲーム』#3

ホラー

彼氏の新平に殺人現場を見たと言っても信じてもらえず、意気消沈する茜。そんな茜は新平に連れられ森川の家に行くことに…。

作品を読む >>