『呪いの鈴の音』#7 |

古賀新一

貸本向け単行本「黒猫」でデビューした後、一貫して怪奇ものを描き続けたホラー漫画の第一人者。1975年に連載が始まった代表作『エコエコアザラク』は、その後幾度となくドラマ化・映画化されており、長年にわたって多くのファンから愛されている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『カゾク』#3

ホラー

風呂場は殺人事件現場になっていた!家族間で罪のなすりつけ合いが始まる…!!

作品を読む >>

『恐怖の大時計』#11

ホラー

起きた時にネグリジェがビリビリに破かれているのに驚いた理沙は気を失ってしまい、両親は霊能力者を呼び理沙を見てもらうことに。

作品を読む >>

『お望みどおり』#2

ホラー

女優になるためにオーディションに出るが、そのオーディションには裏の事情があった…!?

作品を読む >>