『呪いの鈴の音』#3 |

古賀新一

貸本向け単行本「黒猫」でデビューした後、一貫して怪奇ものを描き続けたホラー漫画の第一人者。1975年に連載が始まった代表作『エコエコアザラク』は、その後幾度となくドラマ化・映画化されており、長年にわたって多くのファンから愛されている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『呪いの鈴の音』#8

ホラー

誰もいない教室の窓から見えたのは、提灯を持った加代だった…。加代から逃げようとするが…。

作品を読む >>

『血まみれ竹人形』#1

ホラー

午刻舞子は霊視によって消息不明の人物の幻影を現す事ができる!?証拠を見せると言った彼女は...。

作品を読む >>

『ヤミツキ~いのりの心霊日記~』#19

ホラー

一通のメールで寄せられた怪談の投稿。過疎の村に起こった「異変」とは...!?

作品を読む >>