『呪いの鈴の音』#2 |

古賀新一

貸本向け単行本「黒猫」でデビューした後、一貫して怪奇ものを描き続けたホラー漫画の第一人者。1975年に連載が始まった代表作『エコエコアザラク』は、その後幾度となくドラマ化・映画化されており、長年にわたって多くのファンから愛されている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『脳男』(原作:首藤瓜於)#5

ホラー

謎の男、鈴木一郎と直接カウンセリングを始める鷲谷真梨子。どんな質問も平然として態度を変えない彼の姿に、人間らしさが欠如しているように感じるが…。

作品を読む >>

『ヤミツキ~いのりの心霊日記~』#23

ホラー

心に残ったその絵画がついには夢にまで出てくるように!!そんな中、知らない差出人から宅配が届くが...!?

作品を読む >>

『恐怖の大時計』#4

ホラー

家族と距離がある…どうにも家で疎外感を感じてしまう理沙。そして次の日…!?

作品を読む >>