『呪いの鈴の音』#10 |

古賀新一

貸本向け単行本「黒猫」でデビューした後、一貫して怪奇ものを描き続けたホラー漫画の第一人者。1975年に連載が始まった代表作『エコエコアザラク』は、その後幾度となくドラマ化・映画化されており、長年にわたって多くのファンから愛されている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『キスされた女生徒』#2

ホラー

彼氏に愛されていないと知った光枝は親友のナオミの部屋で…!?

作品を読む >>

『飼育』#3

ホラー

僕は素直でものわかりがいい…そういうフリをしている。そんな僕に逆らうやつは…

作品を読む >>

『館の中』#2

ホラー

腐乱死体がゾンビのように動いた家に警察と行ってみるが、まさかの展開に…!

作品を読む >>