『脳男』(原作:首藤瓜於)#6 |

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろう。ホラーに傾倒していったのは、多分そこらへんにあると自分で思っている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『ヤミツキ~いのりの心霊日記~』#22

ホラー

「希望」という名のその絵画に目を奪われた。何故か心に残り次第にその絵のことしか考えられなくなって...!?

作品を読む >>

『カゾク』#3

ホラー

風呂場は殺人事件現場になっていた!家族間で罪のなすりつけ合いが始まる…!!

作品を読む >>

『お骨を配る少女』#3

ホラー

リョウを生き返らせるために、今日もお骨を配る…それが不幸を振りまくことだと分かっていても少女はもう止まれない…。

作品を読む >>