『夢中で殺人』#3 |

蕪木彩子

蕪木ばく(原作)と、ひうらなつき(作画)の漫画家ユニット。1986年ホラー少女漫画誌「ソリティア」にてデビュー。以後、ホラー誌を中心に活躍。とくにスプラッタ―・ホラーに定評がある。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『地下室の虫地獄』#9

ホラー

虫よ虫よ、聞け。今こそ憎き人間どもへの復讐の時が来た!!

作品を読む >>

ホラーな友好関係②

ホラー

自称サタニストのホラー評論家と飲んだときの出来事。サタニストは恐ろしい人…?

作品を読む >>

『恐怖の大時計』#3

ホラー

大時計が人間の血を必要になったいきさつは半年前に遡るという…。徐々に明かされる理由…。

作品を読む >>