『刑務所の中』#17 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『親が終活でしくじりまして』#5

エッセイ

色々と思うことはあるが、無事に身内での葬儀が終了。その後町内の方に訃報の連絡をするが…。

作品を読む >>

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』#3

エッセイ

#3 SNSに流れてくるリア充アピールや、忙しい自慢。でも実はこれって...

作品を読む >>

『おしえて!きっちょむ先生』#4

エッセイ

子どもが好き嫌いを克服できる「副菜バイキング」って…? 現役保育士から学ぶ「食事が楽しくなる」ヒミツ★

作品を読む >>