『刑務所の中』#12 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『刑務所の中』#3

エッセイ

数少ない楽しみは食事と入浴。しかしそれ以外にもある秘策を使って息抜きをしていた...!?

作品を読む >>

『狩りガールが旅するおいしいのはじまり』(著:あり まんが:新岡 薫)#1

エッセイ

「狩りガール」とは狩猟の世界に踏み入れた好奇心豊かな女性のこと。東京のOLが狩猟に目覚め、新たな世界を次々と開拓していく...!!

作品を読む >>

『刑務所の中』#5

エッセイ

懲罰房より雑居房の方が楽しい!?そんな思いに至った理由とは...!!

作品を読む >>