『刑務所の中』#8 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』#13,#14

エッセイ

#13 聞きたくないのに聞かされる他人の不幸話。そんな時は? #14 「私ばっかり、こんなに尽くしてるのに!」って口癖の女になっていたら要注意…?

作品を読む >>

『刑務所の中』#14

エッセイ

作業上には「願います」が響き渡り、連呼されていく。作業終了後にふと思ったことが…?

作品を読む >>

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』#2

エッセイ

7月23日書籍発売記念★出張掲載 第2回!
SNSで既読スルー…。
「あれ、無視されてるのかな…?」とモヤモヤしたときは?

作品を読む >>