『刑務所の中』#4 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『おしえて!きっちょむ先生』#14

エッセイ

ママ達の注目度No.1!「試し行動」の解決方法って…!?

作品を読む >>

『刑務所の中』#10

エッセイ

冬が終わり、春が訪れる。それは刑務所にあっても同じこと。今日も刑務所の一日が始まる。

作品を読む >>

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』#3

エッセイ

#3 SNSに流れてくるリア充アピールや、忙しい自慢。でも実はこれって...

作品を読む >>