『刑務所の中』#3 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『おしえて!きっちょむ先生』#14

エッセイ

ママ達の注目度No.1!「試し行動」の解決方法って…!?

作品を読む >>

『親が終活でしくじりまして』#6

エッセイ

お葬式が終わったあともまだまだやらないといけないことが残ってる…!!

作品を読む >>

『刑務所の中2nd』#3

エッセイ

刑務所の中での農作業中の昼食はどのようなものなのか?気になる農作業後編はこちら!

作品を読む >>