『刑務所の中』#2 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『親が終活でしくじりまして』#6

エッセイ

お葬式が終わったあともまだまだやらないといけないことが残ってる…!!

作品を読む >>

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』#1

エッセイ

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』
2018年7月7日書籍発売を記念して、出張掲載が決定!
第1回は、一挙2話更新です★

作品を読む >>

『刑務所の中』#16

エッセイ

刑務所の中で食べる甘いものは受刑者たちをここまでかと魅了する!

作品を読む >>