『刑務所の中』#2 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『刑務所の中』#14

エッセイ

作業上には「願います」が響き渡り、連呼されていく。作業終了後にふと思ったことが…?

作品を読む >>

『親が終活でしくじりまして』#1

エッセイ

なんで終活ってするの?どんな意味があるの?そんなお悩みに応えるマンガがコミクリに登場!

作品を読む >>

『刑務所の中』#7

エッセイ

雑居房での夜はどのような過ごし方なのか?出所日や甘いものの話が盛り上がってしまい…!?

作品を読む >>