『刑務所の中2nd』#2 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『親が終活でしくじりまして』#6

エッセイ

お葬式が終わったあともまだまだやらないといけないことが残ってる…!!

作品を読む >>

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』#4

エッセイ

#4 SNSで人の意味深な投稿を見て、「これって私のことかも...」と不安になる時は?

作品を読む >>

『狩りガールが旅するおいしいのはじまり』(著:あり まんが:新岡 薫)#2

エッセイ

「鹿肉って一体どこで食べられるの?」美味しい鹿肉料理の世界へご案内します。

作品を読む >>