『人面犬の生まれる理由』#1 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『ヤミツキ~いのりの心霊日記~』#26

ホラー

お見舞いに訪れた同級生の家で目にした怪奇現象とは...!?

作品を読む >>

『呪いの鈴の音』#10

ホラー

教室でテストを受けていると鈴の音が聞こえて来た…。また加代がひろみのもとに来てしまったのか…。

作品を読む >>

『跳躍怪人バネ足ジャック』#2

ホラー

跳躍超人バネ足ジャックは色々なところで目撃されているが、記者の前には姿を現さない。

作品を読む >>