『恐怖の大時計』#10 |

古賀新一

貸本向け単行本「黒猫」でデビューした後、一貫して怪奇ものを描き続けたホラー漫画の第一人者。1975年に連載が始まった代表作『エコエコアザラク』は、その後幾度となくドラマ化・映画化されており、長年にわたって多くのファンから愛されている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『呪いの鈴の音』#7

ホラー

加代のことを忘れ、日常生活に戻ったものの、寒気が止まらず体調が優れない中…

作品を読む >>

『夢中で殺人』#4

ホラー

夜勉強中にラジオを聞いていると、お昼に友達の美保が語った夢と同じ内容の事件が流れた。一体これはどういうことなのか…?

作品を読む >>