『恐怖の大時計』#7 |

古賀新一

貸本向け単行本「黒猫」でデビューした後、一貫して怪奇ものを描き続けたホラー漫画の第一人者。1975年に連載が始まった代表作『エコエコアザラク』は、その後幾度となくドラマ化・映画化されており、長年にわたって多くのファンから愛されている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『脳男』(原作:首藤瓜於)#5

ホラー

謎の男、鈴木一郎と直接カウンセリングを始める鷲谷真梨子。どんな質問も平然として態度を変えない彼の姿に、人間らしさが欠如しているように感じるが…。

作品を読む >>

『ヤミツキ~いのりの心霊日記~』#4

ホラー

誰かがずっと自分のそばにいて、ずっと質問を繰り返す。「どうして?」「なんで?」そんな状態に耐えられますか…?

作品を読む >>

『恐怖の大時計』#9

ホラー

カラスは祟りだという理沙は時計の音のような耳鳴りがすると母に訴えると…!?

作品を読む >>