『恐怖の大時計』#3 |

古賀新一

貸本向け単行本「黒猫」でデビューした後、一貫して怪奇ものを描き続けたホラー漫画の第一人者。1975年に連載が始まった代表作『エコエコアザラク』は、その後幾度となくドラマ化・映画化されており、長年にわたって多くのファンから愛されている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『恐怖の大時計』#9

ホラー

カラスは祟りだという理沙は時計の音のような耳鳴りがすると母に訴えると…!?

作品を読む >>

『お骨を配る少女』#3

ホラー

リョウを生き返らせるために、今日もお骨を配る…それが不幸を振りまくことだと分かっていても少女はもう止まれない…。

作品を読む >>

『地下室の虫地獄』#2

ホラー

その男の家は虫にとっての楽園のようなものだった。虫を愛し狂った男の笑い声が響きわたる。

作品を読む >>