『恐怖の大時計』#2 |

古賀新一

貸本向け単行本「黒猫」でデビューした後、一貫して怪奇ものを描き続けたホラー漫画の第一人者。1975年に連載が始まった代表作『エコエコアザラク』は、その後幾度となくドラマ化・映画化されており、長年にわたって多くのファンから愛されている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『恐怖の大時計』#3

ホラー

大時計が人間の血を必要になったいきさつは半年前に遡るという…。徐々に明かされる理由…。

作品を読む >>

国民性の違い

ホラー

アメリカには金縛りの意味を示す言葉がないようである。金縛りについて説明をすると、面白いことに…

作品を読む >>

『脳男』(原作:首藤瓜於)#14

ホラー

患者の女の子が囚われの身に...!!爆弾を起爆させることなく少女を助けることができるのか!?

作品を読む >>