『脳男』(原作:首藤瓜於)#16 |

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろう。ホラーに傾倒していったのは、多分そこらへんにあると自分で思っている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『跳躍怪人バネ足ジャック』#2

ホラー

跳躍超人バネ足ジャックは色々なところで目撃されているが、記者の前には姿を現さない。

作品を読む >>

『ヤミツキ~いのりの心霊日記~』#3

ホラー

いわく付きの部屋に住んだいのりの前にこの世のものではない何かが現れる…!?

作品を読む >>

『血まみれ竹人形』#7

ホラー

村のしきたりに従い、板小屋で一週間過ごさなくてはならなくなったが、小屋についたやいなや異変が発生する…!?

作品を読む >>