『脳男』(原作:首藤瓜於)#16 |

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろう。ホラーに傾倒していったのは、多分そこらへんにあると自分で思っている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『生き腐れ』#3

ホラー

直樹とお付き合いが叶い幸せ絶頂のあきのにまたしても真弓のような何かが現れる…!

作品を読む >>

『飼育』#2

ホラー

周囲の期待からのプレッシャーで、いけない方向でストレス発散をし始めるが…。

作品を読む >>

『おそろし進化論』#1

ホラー

就寝前に図鑑を読んでいた由起は窓に張り付いたヤモリを見つけるが、近づいてみると"それ"は異形の姿をしていた!?

作品を読む >>