作者一覧

寝猫

OL、主婦、平凡に子育てをした後、ふと思い立ち、家族に「わたし、漫画家になる」と宣言。2002年、40歳にしてショートコミック誌『本当にあった愉快な話』(竹書房発行)で漫画家デビュー。
その後、来た仕事を描けると思ったら拒まず、ギャグマンガ、恋愛マンガ、任侠マンガ、コンビニ向け実話怪談からウェブ・携帯コミックまで幅広く描き分けられる実力派となり、現在にいたる。
日本マン

詳細を見る >>

松鳥むう

島旅好きイラストレーター&エッセイスト。元精神科看護師。京谷先生の影響を受け、生理のときは「月経血はトイレで出し切る!」を実践中。布ナプキンはもちろん、最近は、ふんどしパンツにも興味津々! 著作に『ちょこ旅沖縄+離島』『ちょこ旅小笠原&伊豆諸島』『ちょこ旅瀬戸内』(いずれもアスペクト)、『島旅ひとりっぷ』(小学館)など。『エスニック ファッション シーズンブック』(ダイヤモンド社)の編著者eTHn

詳細を見る >>

ほりみき

イラストレーター、漫画家。94年名古屋造形芸術大学(現・名古屋造形大学)卒。歯科衛生士を務めながら2005年より雑誌・書籍でカットや児童向けイラストを発表。趣味はゴスペルとバイク。著書「もう大丈夫、パニック障害でもがんばれる!」(講談社刊)。作品を寄稿した書籍は「山女子必携 失敗しない山登り 山ガール先輩が登ってツカんだコツ71」(小林千穂著、講談社刊)など多数。

詳細を見る >>

ユン・テホ

1969年、韓国・光州生まれ。1993年『緊急着陸』でデビュー後、さまざまな作品を発表。日本でも公開された映画『インサイダーズ/内部者たち』『黒く濁る村』はユン・テホのWEBTOON(ウェブコミック)が原作である。本作は韓国にて圧倒的な反響を呼び数々の賞を受賞、その世界観を巧みに映像化したドラマ版は社会現象となった。

詳細を見る >>

谷間夢路

15歳の若さでデビュー。学業と作家業を両立させながら様々なジャンルの作品を手がけた。ホラー漫画においても、可愛らしい少女漫画を下敷きにした独自の作品で活躍。その創作意欲は晩年になっても衰えず、アニメーションやweb向けの動く漫画、「ムービングマンガ」など、新たな作品に挑戦し続けた。

2012年10月7日、逝去。享年69。

詳細を見る >>

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろ

詳細を見る >>

横山光輝

昭和29年、単行本『音無の剣』でデビュー。昭和31年から月間「少年」(光文社刊)で『鉄人28号』を連載し、大ブームとなる。ロボットものだけでなく、SF、スパイ、ニンジャ、戦国武将、中国古典の他、初期には少女ものも描くなど多彩なジャンルを手掛ける。
代表作:『鉄人28号』『伊賀の影丸』『三国志』『魔法使いサリーちゃん』等多数。

詳細を見る >>

中沢啓治

代表作「はだしのゲン」は、自身の広島での被ばく体験をもとに描き、多くの人々に戦争の悲惨さと平和への願いを訴えた。2004年「アングレーム国際漫画祭」にて環境保護に関する最優秀コミック賞を受賞。
2012年逝去。

詳細を見る >>

一峰大二

1956年「からくり屋敷の秘密」でデビュー。代表作に「黒い秘密兵器」「電人アロー」「閃光マック」などがある。また、「スペクトルマン」「快傑ライオン丸」「電人ザボーガー」など特撮のコミカライズも多数手がける。日本における仮面スーパーヒーロー漫画のパイオニア的存在。2005年「画業半世紀一峰大二大全集」で第34回日本漫画家協会賞特別賞を受賞。

詳細を見る >>

伊東章夫

1975年「先祖をたずねて億万年」で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。代表作に「まんが恐竜冒険館」「がまのすけ」「少年ケン」などがある。

詳細を見る >>