新刊コミック情報

武田勝頼(1)【1999/2/9】

漫画:横山 光輝 原作:新田 次郎

父・信玄没後、武田家は信玄を神格化している武将や御親類衆筆頭の穴山信君らと、 勝頼の側近との間に亀裂が生じていた。そして国境では、徳川方に寝返ろうとす る山家三方衆の不穏な動き。当初、形ばかりの後継者と思われた勝頼は美濃・三河・ 遠江で実力を示し、天下統一を目指す織田信長に脅威を与える。

武田信玄(5)【1997/11/11】

漫画:横山 光輝 原作:新田 次郎

躑躅が崎館の信玄、上野沼田城に入城した謙信、そして小田原の北条氏康の三強は、 関八州を舞台に互いに牽制。西では尾張・美濃を基盤にして近畿諸国を平定し た、織田信長が台頭してくる。三方ヶ原で徳川家康を撃破した勢いで上洛を目指すは ずの信玄だったが、その命運は尽きようとしていた。

武田信玄(4)【1997/11/11】

漫画:横山 光輝 原作:新田 次郎

永禄4年(1561)、9月10日早朝、川中島一帯をおおう濃霧の中、甲越最大の合戦が静 かにその幕を開けた。上杉謙信の策略に甲軍危うしと見た山本勘助、さ らに信玄の弟・信繁らを失う……。永禄9年(1570)、武田軍は勝頼の策を用いて箕輪城を 陥し、上杉の勢力は後退。ここに関東の情勢は激変した。

武田信玄(3)【1997/11/11】

漫画:横山 光輝 原作:新田 次郎

天文3年(1554)、今川義元の要請で北条氏康と対陣した晴信は雪斎禅師の調停にもと、 駿河・相模・甲斐の三国同盟を成立した。翌年、雪解けを待って越後の 竜・長尾景虎と、犀川をはさんで200日にわたる第二回川中島の会戦。永禄4年(1561)、 信玄・謙信の両雄が雌雄を消すべく、またも川中島に対峙した。

武田信玄(2)【1997/9/11】

漫画:横山 光輝 原作:新田 次郎

天文11年(1542)、晴信は古府中から諏訪・佐久・小県を手中にし、甲州黒川金山50 万両の推算を、鉄砲製造絵図面を得て、天下統一の夢はふくらむ。そし て、信繁・虎泰・信方を率い、浅間山麓で上杉憲政と死闘を演じ、労咳の熱がなせる のか、志賀城の石垣に生首三千を並べるという阿修羅と化す。

武田信玄(1)【1997/9/11】

漫画:横山 光輝 原作:新田 次郎

殺されねば殺される。父が子を、子が父を倒し、家臣が主君を滅ぼす。百年の乱世 の中、剣と馬によって甲斐の豪族を切り従えた武田信虎。その嫡男・晴信(後の信 玄)は、重臣の板垣信方と甘利虎泰の補佐により、四面の上杉・北条・今川から古府中 の躑躅が崎館を守るべく、父を追放!

注目漫画ランキング

歴代ランキング