『館の中』#1 |

蕪木彩子

蕪木ばく(原作)と、ひうらなつき(作画)の漫画家ユニット。1986年ホラー少女漫画誌「ソリティア」にてデビュー。以後、ホラー誌を中心に活躍。とくにスプラッタ―・ホラーに定評がある。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『夢中で殺人』#3

ホラー

親友の美保が日に日におかしくなっていく…。そんな中いづみは嫌な夢を見る。

作品を読む >>

『呪いの鈴の音』#8

ホラー

誰もいない教室の窓から見えたのは、提灯を持った加代だった…。加代から逃げようとするが…。

作品を読む >>

『お骨を配る少女』#2

ホラー

お骨を配ればリョウが生き返る…ただしお骨を配るという行為にはあることが隠されていた!?

作品を読む >>