『天水』#11 |

花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『天水』#6

ファンタジー

河童仙人様を探してぶらぶらしていると、干し柿を女の人からもらった。それは甘い甘い干し柿だったが…。

作品を読む >>

『天水』#7

ファンタジー

戦があったのか、都には武士がたくさん出入りしていた。そんな中、犬を追って河童がはしゃいでいたが…!?

作品を読む >>

『天水』#15

ファンタジー

家の前にオロチ女の抜け殻があった!それだけでなく…。これでは安心して住めないので、呪禁師に相談に行くことに…。

作品を読む >>