『お仕置きゲーム』#4 |

蕪木彩子

蕪木ばく(原作)と、ひうらなつき(作画)の漫画家ユニット。1986年ホラー少女漫画誌「ソリティア」にてデビュー。以後、ホラー誌を中心に活躍。とくにスプラッタ―・ホラーに定評がある。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『恐怖の大時計』#13

ホラー

理沙は脳裏によぎる暗い影が何なのかを明らかにするためにある人を尋ねる…。

作品を読む >>

『ヤミツキ~いのりの心霊日記~』#9

ホラー

呪いのマジックを預かってしまったいのり。自分でもそれを試したい気持ちに逆らえず遂には...!?

作品を読む >>

『カゾク』#2

ホラー

半年ぶりに離婚したカゾクと会うために家を訪れたが、何やら不穏な空気を感じる…。一体なにがおこっているのか…。

作品を読む >>