『呪いの鈴の音』#5 |

古賀新一

貸本向け単行本「黒猫」でデビューした後、一貫して怪奇ものを描き続けたホラー漫画の第一人者。1975年に連載が始まった代表作『エコエコアザラク』は、その後幾度となくドラマ化・映画化されており、長年にわたって多くのファンから愛されている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『血まみれ竹人形』#8

ホラー

小屋に着き、夜も更けてきたため眠りにつこうとするがまたもや何かが起こる…!?

作品を読む >>

『ヤミツキ~いのりの心霊日記~』#6

ホラー

耳から出てきた化物が奇声を上げながらいのりのすぐ目の前に迫ってきた...!!

作品を読む >>

『脳男』(原作:首藤瓜於)#10

ホラー

脳男には感情がないなんて嘘だ。その理由とは…?脳男の過去が語られる。

作品を読む >>