『呪いの鈴の音』#3 |

古賀新一

貸本向け単行本「黒猫」でデビューした後、一貫して怪奇ものを描き続けたホラー漫画の第一人者。1975年に連載が始まった代表作『エコエコアザラク』は、その後幾度となくドラマ化・映画化されており、長年にわたって多くのファンから愛されている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『脳男』(原作:首藤瓜於)#10

ホラー

脳男には感情がないなんて嘘だ。その理由とは…?脳男の過去が語られる。

作品を読む >>

『私の右手はだあれ?』#4

ホラー

夜中出かける久美子の姿を両親は目撃していた!彼女を追っていくと恐ろしい場面に遭遇してしまう!!

作品を読む >>

『恐怖の大時計』#8

ホラー

カラスに襲われつつ帰宅した理沙だったが、家でも異変が起こる…!?

作品を読む >>