『脳男』(原作:首藤瓜於)#14 |

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろう。ホラーに傾倒していったのは、多分そこらへんにあると自分で思っている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『13日のゾンビ』#2

ホラー

陽子の父が亡くなり、励ますためにお見舞いにいく久美。だが、陽子の様子があからさまにおかしくなっていて…。

作品を読む >>

『新装版 UMA大戦 ククルとナギ』#17

復活ボンボン

ガス爆発を起こす全身が爆弾のような敵を相手に2人はいったいどう戦うのか...!?

作品を読む >>

『狩りガールが旅するおいしいのはじまり』(著:あり まんが:新岡 薫)#1

エッセイ

「狩りガール」とは狩猟の世界に踏み入れた好奇心豊かな女性のこと。東京のOLが狩猟に目覚め、新たな世界を次々と開拓していく...!!

作品を読む >>

注目漫画ランキング

歴代ランキング