『脳男』(原作:首藤瓜於)#12 |

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろう。ホラーに傾倒していったのは、多分そこらへんにあると自分で思っている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『インガ様応報す』#2

ホラー

洋介犬先生の描き下ろし新作第2話!人に仇なすもの己の罪を認めぬものにインガ様は「罰」を与える!!今回は一体どんな罰が下るのか!?

作品を読む >>

『不気田くん』#1

ホラー

ほのかな香水…赤いマニキュア…ピンクの口紅…これでわたしも大人に見えるかしら…?

作品を読む >>

『インガ様応報す』#7

ホラー

立場の弱いいじめられっ子にたかる腹黒女に罰を下す!

作品を読む >>