『脳男』(原作:首藤瓜於)#12 |

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろう。ホラーに傾倒していったのは、多分そこらへんにあると自分で思っている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『未生 ミセン』#15

その他

シュレッダーするはずの営業3チーム書類が会社のロビーに落ちていた。局長からの厳しい叱責を受けるが…。

作品を読む >>

『新装版 UMA大戦 ククルとナギ』#6

復活ボンボン

少女に導かれるまま戦いに身を投じるナギ。誰が本当の敵なのか!?少年は戦いの中で再び選択を迫られる...!

作品を読む >>

『「たのしい幼稚園」オリジナル復刻版 宇宙猿人ゴリ 宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン スペクトルマン』

特撮

1971年“第二次怪獣ブーム”のさきがけである表題作まぼろしの「たのしい幼稚園」 連載コミックス全16作品を初単行本化!!

作品を読む >>

注目漫画ランキング

歴代ランキング