『脳男』(原作:首藤瓜於)#10 |

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろ

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『講談社テレビコミックス ウルトラセブン 下』後編

特撮

『ウルトラセブン』放映当時に刊行され、長い間まぼろしの書となっていた「講談社テレビコミックス」を初復刻単行本化!! 下巻には「怪獣アンノンの巻」など!

作品を読む >>

『脳男』(原作:首藤瓜於)#12

ホラー

爆発の混乱の中、大威は「緑川はここにいます」と口にする。その言葉は真実なのだろうか...!?

作品を読む >>

『地下室の虫地獄』#3

ホラー

薄気味悪い屋敷の前を通るといつも気味の悪い人がこちらを見て笑っている…

作品を読む >>

注目漫画ランキング

歴代ランキング