『脳男』(原作:首藤瓜於)#10 |

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろう。ホラーに傾倒していったのは、多分そこらへんにあると自分で思っている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『「少年マガジン」「ぼくら」「たのしい幼稚園」オリジナル復刻版 ウルトラQ画報』前編

特撮

円谷プロダクションが生み出した日本初の本格的特撮テレビ映画『ウルトラQ』。1965年3月から月刊少年誌「ぼくら」に掲載された絵物語など、貴重な資料を一挙収録。

作品を読む >>

『生理でキレイになる本 心と体の大そうじ』(著・京谷 奈緒美 / 漫画 松鳥 むう)#4

エッセイ

食生活で生理痛知らずに...!?不調知らずと乱れがちな2人のモデルを徹底比較!!

作品を読む >>

『脳男』(原作:首藤瓜於)#14

ホラー

患者の女の子が囚われの身に...!!爆弾を起爆させることなく少女を助けることができるのか!?

作品を読む >>

注目漫画ランキング

歴代ランキング