『脳男』(原作:首藤瓜於)#9 |

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろう。ホラーに傾倒していったのは、多分そこらへんにあると自分で思っている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『悪魔に魅せられて』#1

ホラー

とある全寮制の高校に編入することになった少女。しかし、少女と相部屋になったのは学園きってのいじめっ子であった。ある日に少女は、喫煙の濡れ衣を着せられて……。

作品を読む >>

『ヤミツキ~いのりの心霊日記~』#17

ホラー

深夜の訪問者の正体を探るため、鍵を閉めずに待ち伏せるという大胆な作戦に出たいのりだったが...!?

作品を読む >>

『脳男』(原作:首藤瓜於)#3

ホラー

殺人犯として捕らえられた男・鈴木の正体は半年たっても謎のままだった。医師である鷲谷真梨子(わしやまりこ)は彼の精神鑑定を依頼されるが...!?

作品を読む >>