『脳男』(原作:首藤瓜於)#6 |

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろう。ホラーに傾倒していったのは、多分そこらへんにあると自分で思っている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『新装版 UMA大戦 ククルとナギ』#18

復活ボンボン

宇宙人に襲われている最中ナギたちは新たな敵の襲撃を受ける!!この窮地を切り抜けられるのか...!?

作品を読む >>

『未生 ミセン』#12

その他

順調に進んでいたと思っていたチャン・グレ。しかし、一通のメールを目にした瞬間、表情を曇らせることに...。

作品を読む >>

『ヤミツキ~いのりの心霊日記~』#2

ホラー

小説の題材のために命を懸けられるか? いのりは怪異の真相を知るため、とんでもない行動に出る!!

作品を読む >>

注目漫画ランキング

歴代ランキング