『夢中で殺人』#5 |

蕪木彩子

蕪木ばく(原作)と、ひうらなつき(作画)の漫画家ユニット。1986年ホラー少女漫画誌「ソリティア」にてデビュー。以後、ホラー誌を中心に活躍。とくにスプラッタ―・ホラーに定評がある。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『陰獣』(原作:江戸川乱歩)#7

ホラー

寒川はしばしば静子の家にいき、まるで若者のように愛し合っていたが、ふと静子があるお願いをする…。

作品を読む >>

『恐怖の大時計』#13

ホラー

理沙は脳裏によぎる暗い影が何なのかを明らかにするためにある人を尋ねる…。

作品を読む >>

『呪いの鈴の音』#2

ホラー

寝ようと部屋に入ったら、知らない人が座ってた…。話を聞くと友達のお母さんらしいけど…なんでいるの…?

作品を読む >>