『夢中で殺人』#4 |

蕪木彩子

蕪木ばく(原作)と、ひうらなつき(作画)の漫画家ユニット。1986年ホラー少女漫画誌「ソリティア」にてデビュー。以後、ホラー誌を中心に活躍。とくにスプラッタ―・ホラーに定評がある。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『夢中で殺人』#5

ホラー

いづみは今までのことをはっきりさせようと美保の家までいくが、何か違和感を覚える…その違和感の正体とは…?

作品を読む >>

『悪魔に魅せられて』#2

ホラー

いじめっ子の正体を知ってしまった少女はある夜、包丁を持ったいじめっ子に襲われてしまい…。

作品を読む >>

『恐怖の大時計』#4

ホラー

家族と距離がある…どうにも家で疎外感を感じてしまう理沙。そして次の日…!?

作品を読む >>