『脳男』(原作:首藤瓜於)#16 |

外薗昌也

ギャグから始まり。ファンタジー、SFと移行していき、今はホラー。何故こうなったのか?とよく尋ねらる。昔、ある俳優さんから『役者はお祓いはしないんですよ』と教えられた。厄と役をかけて、悪いことや災難も芸の肥やしだと。私も災難や不愉快な体験を作品にフィードバックすることがよくあった。傷ついたこと、人を傷つけたこと、失敗したこと、悲しかったことが沈殿し重なりやがて層となって形を成したのが私の作品なのだろう。ホラーに傾倒していったのは、多分そこらへんにあると自分で思っている。

作者の関連作品はこちら

他にこんな作品が読まれています

『呪いの鈴の音』#5

ホラー

あの不可解な出来事は何だったのか…それを明らかにするため、加代の家へと行くが…!?

作品を読む >>

『血まみれ竹人形』#2

ホラー

スターの行方を探していた舞子が眠りにつこうとすると、不意に霊現象が発生し…!?

作品を読む >>

『脳男』(原作:首藤瓜於)#4

ホラー

厳重な監視下で被疑者、鈴木一郎に対してあらゆる検査・鑑定が行われるが異常は見られない。そんな中、鷲谷は彼と対峙して不思議な感覚を覚えていた...。

作品を読む >>