花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の作品一覧

『刑務所の中』#4

エッセイ

懲罰房。刑務所で反則をすると入れられるというその部屋の中の様子は一体どうなっているのか!?

作品を読む >>

『刑務所の中』#3

エッセイ

数少ない楽しみは食事と入浴。しかしそれ以外にもある秘策を使って息抜きをしていた...!?

作品を読む >>

『刑務所の中』#2

エッセイ

拘置所の朝は早い。掃除から始まり日々同じ事をローテーションのように繰り返す。そんな日々の楽しみとは...!?

作品を読む >>

『刑務所の中』#0

エッセイ

なかなか知ることが難しい刑務所の中にある食堂、雑居房の様子とは!?

作品を読む >>

『刑務所の中』#1

その他

花輪氏が体験した三年二カ月にわたる獄中での日々を、リアルな描き上げた傑作獄中漫画!!

作品を読む >>

作者の関連作品はこちら