花輪和一

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

作者の作品一覧

『天水』#13

ファンタジー

呪禁師の家から逃げてきた童女であったが、その夜寝ていると思わぬ訪問者がやってくる。

作品を読む >>

『天水』#12

ファンタジー

春になり何故か河童さんの体調が思わしくなくなってしまった。どんな病でも直してくれる呪禁師の様子を見に行くが…。

作品を読む >>

『天水』#11

ファンタジー

どんどんカエルのようになっていく童女…。かっぱさんは童女を救えるのか…!?

作品を読む >>

『天水』#10

ファンタジー

オタマジャクシを飲み込んだ女の子が池にいくと、以前であった女性が何やらとんでもないことをいい出した…!

作品を読む >>

『刑務所の中』#15

エッセイ

今日の昼食はパンだ!この日をみんな指折り数えて待っていた!

作品を読む >>

『刑務所の中』#14

エッセイ

作業上には「願います」が響き渡り、連呼されていく。作業終了後にふと思ったことが…?

作品を読む >>

作者の関連作品はこちら